冷え性の改善にはヨガのポーズや体操がおすすめ?

冷え性で悩む女性が非常に多い現代では、体を温めるためのアイテムに注目が集まっていますが、自宅でお金をかけずに手軽にできる体操があります。それはヨガです。

インドの修行僧たちが数千年の歳月をかけて完成させた身体と精神の鍛錬法ですね。このヨガがアラフォー女性たちの冷え性を改善してくれます。ここでは冷え性の原因とその解消法としてのヨガについて詳しく紹介していきます。

女性がアラフォー辺りから冷え性になりやすくなる理由は?

冷え性の原因は、体の末端部分に血液が循環しにくくなるためです。血管の劣化によって血行不良が生じます。特に手足の末端部分の毛細血管が詰まってしまったり、つぶれてしまって血液が流れ込まなくなるために冷え性が起こるのです。

具体的な原因として、血中のコレステロールが活性酸素によって酸化すると悪玉コレステロールとなり、これが血管壁に付着すると管が狭まりますし、血管細胞自体が酸化などで硬化・劣化をすることでも管の幅が狭まります。こうして血流があちこちで悪化すれば、必然と血行不良になり、結果として冷え性が生じるわけです。

また、食事が炭水化物や糖分や脂肪分に偏っていると血糖値が高い状態になり、血液自体がドロドロとしてしまいます。これでも血流が低下して血行不良となり、やはり冷え性になりやすいです。

女性ホルモン・エストロゲンの減少

中高年になると女性ホルモン・エストロゲンなどの分泌量が減少し、血管の拡張作用が弱くなります。またホルモン分泌の減少によって新陳代謝も低下していますので、劣化した血管の修復が十分になされません。

各細胞のエネルギー代謝も低ければ、糖や脂肪の燃焼量が減り、血液の粘性が改善されないことも問題です。

筋肉量の低下

また女性はもともと筋肉量が少ないのですが、中高年になると余計に運動量が低下してしまいます。特に一日中デスクワークや立ち仕事をしている女性は、筋肉の緊張によっても血行が悪化して冷え性を進めてしまいます。

つまりアラフォーあたりは、冷え性を悪化させる原因がいろいろと生じてしまう年齢なのです。

冷え性の改善にヨガがおすすめな理由

冷え性改善に効果的なのは、体を温めることが第一です。そのためには血行を良くすると同時にエネルギー代謝をアップさせるのが最も大事です。

ただし日ごろから運動をする習慣がなく、ジムやスポーツセンターに通う時間も取り難い方には、自宅で簡単にできるヨガがおすすめです。

第2のポンプである筋肉を鍛えて血行アップ

先にも述べた通り、冷え性は血行の悪化による末端部分のエネルギー代謝不足が原因です。心臓から一番遠いところにある手足の指は、心臓のポンプ効果が届き難い部分です。

その不足分を補うのが『第二のポンプである筋肉』です。ヨガでは筋肉を鍛えて血行アップをさせる効果があります。

自律神経を整えてリラックス効果を高める

アラフォーの女性はホルモン分泌の低下などで自律神経が不安定になりやすいですが、ヨガには緊張状態にある自律神経を緩和させる効果が優れています。特に副交感神経の活性化で、筋肉をほぐして血行アップやリンパの流れを改善させ、体全体をリラックスさせてくれます。

またヨガの呼吸法が、さらに緊張緩和に効果的で、蓄積された精神的ストレスや疲労を解消させてくれます。

手足など体の末端のむくみを解消する効果

骨格がゆがんでいたり関節が緊張状態にあると、血管や神経リンパ腺が圧迫されてしまって血流が弱ってしまいます。すると血液から水分が血管外に漏れ出していって、それがむくみとなります。またリンパ線の流れが停滞してもむくみます。

これらの水分が体を冷やす原因となり、細胞組織はエネルギー代謝も新陳代謝も不活発になります。ヨガのポーズには、この骨格のゆがみや関節の緊張を改善する効果があり、むくみ解消に良いとされています。

つまりヨガの独特なポーズは、普段使わない筋肉や筋をしっかりと伸ばしたり縮めたりして、関節も柔軟になりますから、神経や血管・リンパ腺の圧迫を緩和させる効果に優れています。こうして体全体を整えながら鍛え上げる体操なのです。

心身ともに健全となるための体操であり、生命力を高め、免疫力や自然治癒力を活性化させる体操です。これが根本的に冷え性を改善するアプローチへつながります。またヨガがアンチエイジング・美容効果に優れているといわれるのもこのためです。

冷え性改善におすすめのヨガポーズ

冷え性改善のヨガポーズはたくさんありますが、アラフォーの女性の方が自宅で気軽に行うならば、できればホットヨガをお試しください。

ホットヨガは室温38℃・湿度65%で行うヨガで、エアコンと加湿器で設定することができます。この温度・湿度が発汗を促進し、呼吸もラクになります。また外気から体を温めることで筋肉や関節が柔らかくなり、ポージングも楽になります。では、冷え性改善のポーズを紹介しましょう。

ゴキブリのポーズ

このポーズは手足に溜まった血液を心臓に戻す効果があり、停滞しているリンパ液の循環も改善してくれます。まず仰向けに寝て、両手両足を天井へまっすぐ伸ばします。その状態で手足をブラブラ振るだけです。

ただし、バランスを取るために腹筋・背筋・内腿などの体の中心の筋力を使いましょう。ブラブラさせる時間は1分程度、これを2,3セット行うと効果的です。

英雄のポーズ

身体で一番大きな筋肉・太腿を使うポーズで、全身にパワーがあふれる感じがします。まず骨盤を正面に向けて、片足を後ろに引いてつま先を45度に開いて足裏を床につけます。

反対の足は前に踏み出して膝が直角になるようにかがめます。その時に両足のつま先が骨盤を挟んで一直線になるようにします。また足裏で床を前後に引き裂くように力を入れます。

上半身は垂直に、両手を合唱させて頭上に伸ばし、視線は指先を見ます。これを左右、30秒ぐらい行いましょう。

他にも冷え症改善の効果が期待できるポーズとして、コブラのポーズや肩甲骨回し&肩の上げ下げのポーズなどもありますので、いろいろと試してみることをおすすめします。

まとめ

ヨガはインド4000年の歴史が生んだ修行方法で、心身を健全にするのに有効とされています。毎日自宅で行うことのできる体操ですので、冷え性で悩んでいる方はぜひ試してみてください。

また冷え性が改善した後でも、継続することで美容効果も期待できますよ。